一般社団法人化学物質過敏症・対策情報センター

推定患者数1000万人。化学物質過敏症と共生できる社会は、誰もが安心して暮らせる社会。

有害化学物質

腸内細菌による環境汚染物質の解毒② 翻訳

以下、The gut microbiota: a major player in the toxicity of environmental pollutants? 2016 「腸内細菌による環境汚染物質の解毒」という論文の翻訳です。 腸内細菌による環境汚染物質の解毒① の続きです。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報セ…

腸内細菌による環境汚染物質の解毒① 翻訳

以下、The gut microbiota: a major player in the toxicity of environmental pollutants? 2016 「腸内細菌による環境汚染物質の解毒」という論文の翻訳です。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 目次 概要/Abstract …

南城市役所パネル展 ~環境汚染から身を守る暮らし方~

2022年1月11日~13日、沖縄県南城市役所1階ロビーにて「環境汚染から身を守る暮らし方」パネル展を開催しました! 画像:パネル展示&セミナーに参加くださったファミリー 2021年11月、南城市長 瑞慶覧長敏(ずけらん ちょうびん)さんに、…

香害★基礎資料作成プロジェクト 化学物質・危険有害性・調査マニュアル

香害★基礎資料作成プロジェクトに賛同し、協力を申し出てくださったエンジェルの皆様、心から感謝申し上げます。協力いただきたい作業は、香料原料となっている化学物質の「危険有害性情報」の調査・報告です。メールにてお知らせした「CAS番号」をもとに…

ツイッターアンケート 化学物質過敏症のアルコール事情

ツイッターアンケート「お酒を飲んでいますか?」わずか24時間の間に170名もの方が答えてくださいました。協力くださった皆様、ありがとうございました!アンケート結果と、頂戴したコメントについて、下記のとおり報告させていただきます。とても貴重…

内分泌かく乱物質

以下、アメリカ国立環境衛生科学研究所(NIEHS)「内分泌かく乱物質」 National Institute of Environmental Health Sciences, Endocrine Disruptors の翻訳です。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 内分泌かく乱…

PFAS

フッ素=フッ素化合物の原料 20℃以上で気体、吸入すると生命に危険呼吸器、肝臓、腎臓の障害長期使用によって、骨、歯、呼吸器、生殖器 (男性)の障害 PFAS(フッ素系界面活性剤) 4,700を超える化学物質で構成されており、広く使用されている人工化学物質のグ…

知られざる環境汚染物質 

現代の大気汚染や水汚染の主原因は、なんと・医薬品とパーソナルケア製品・車両交通・ファッションです。 増え続ける化学物質 2020年、化学物質の総数は2億種類を突破 増え続ける難病患者 深刻化する環境汚染 プラスチック汚染 洗剤によるマイクロプラスチ…

ビタミン剤や医薬品の知られざる恐怖「残留溶剤」

ビタミン剤や医薬品の知られざる恐怖 医薬品製造には「溶媒」が使用されます。有害性の高い化学物質も「溶媒」として使用されています。 例えば、アセトニトリルは、中枢神経毒性が高いことがわかっている物質ですが、サルファ剤(抗菌薬)やビタミン剤B1の…

カナダ労働安全衛生センター 職場の無香化にむけて(翻訳)

以下、カナダ労働安全衛生センター 職場の無香化に向けて Canadian Centre of Occupational Health and Safety, Scent-Free Policy for Workplace の翻訳です。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 職場の無香化にむけて …

衣類乾燥機の排気に含まれる洗剤成分・香料成分 翻訳

以下 Chemical emissions from residential dryer vents during use of fragranced laundry products 2013 「香料配合洗剤を使用中の衣類乾燥機から排出される化学物質」という論文の翻訳です。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 …

超微粒子の健康への影響 Nature掲載論文 翻訳

以下、Nature誌に掲載された論文The health effects of ultrafine particles 2020 の翻訳です。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 超微粒子(PM 0.1)の健康への影響 概要/Abstract イントロダクション 粒子の数 PM0.1…

総説論文翻訳 減量後の残留性有機汚染物質(POP)の血中濃度の上昇

やせると、血液中の化学物質濃度があがります。以下、Increased blood levels of persistent organic pollutants (POP) in obese individuals after weight loss—A review(2017) 「総説論文 減量後の肥満者における残留性有機汚染物質(POP)の血中濃度の上…

SDGs 化学物質過敏症の理解者・協力者を増やすために

公害裁判 当センター宛てに「有害な化学物質や香料のマイクロカプセルの製造と販売を即刻止めるべきではないか」「裁判に訴える動きはないか?」というお問合せがありました。公害裁判では、被害者が、被害の因果関係を証明しなくてはなりません。これは、被…

新型コロナウイルス 感染と重症化を防止するために

新型コロナウイルス 感染防止方法 ◆基本対策◆以下3条件のある場を避ける。1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である) 2.密集場所(多くの人が密集している) 3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる) ◆家庭内での心得◆…

おきなわSDGsパートナー 化学物質過敏症・対策情報センター

おきなわSDGsパートナー 沖縄県は、2019年(令和元年)11月に「沖縄県SDGs推進方針」を策定し、SDGsの普及啓発に取り組み始めました。その一環として、SDGsの推進や県民への普及活動に連携して取り組む61の企業・団体を、「おきなわSDGsパート…

SDGsと化学物質過敏症 掛川市議会の議会質問

那覇市から掛川市へ 当センターからの相談を受けて、翁長雄治市議が、那覇市議会で、化学物質過敏症について質問してくださったのは2019年2月21日のことでした。そのことを紹介したツイッターがご縁となって、静岡県掛川市の方から当センターに相談が寄せら…

ホルムアルデヒドと洋服、アクセサリー、そして玩具

洋服の機能性加工と有害物質規制繊維製品には、防しわ、防炎、防かび、防菌、防縮など、様々な機能性加工が施されています。繊維製品の機能性加工に関する法規制は下図の通りです。 出典:繊維製品(家庭用衣料品)に関連する法規制等 製品評価技術基盤機構 …

カナダの難燃剤対策

写真:カナダ政府HP カナダは、難燃剤対策を開始したようです。以下、 カナダ政府のHP 難燃剤(Flame retardants)の翻訳です。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 難燃剤(Flame Retardants) 難燃剤の安全性 進行中の…

難燃剤の概要

難燃剤とは 難燃剤は、建材、家具、カーテン、カーペット、家電、電子機器を燃えにくくするために添加される物質です。難燃剤には、「臭素系」「リン系」「水酸化アルミニウム」「塩素系」などの種類があります。 出典:難燃学入門フォーラム 臭素系難燃剤 …

化学合成された薬やビタミン剤にひそむリスク

オーストラリアの「The Conversation」は、一般人にはわかりにくい学究的な報告を、分かりやすく伝えてくれるネットメディアです。「New vitamin supplement study finds they may do more harm than good」 ビタミン剤は、メリットよりもデメリットのほうが…

当センターの存在理由と活動内容は、SDGsの理念そのもの!

那覇市から掛川市へ那覇市議会で、当センターからの相談を受けて、翁長雄治市議が、化学物質過敏症について質問してくださったのは2019年2月21日のことでした。そのことを紹介したツイッターがご縁となって、静岡県掛川市の方から当センターに相談が寄せられ…

化学物質過敏症 最高難易度の重症患者が劇症化

2019年5月23日。8年前に、化学物質過敏症「最高難易度の重症」と診断され、車いす生活をしていたこともある女性、Kさんから連絡を頂戴しました。Kさんは、ここ1~2年は小康状態を保てていたものの、昨週から劇症化してご自宅にいられなくなりホテ…

土壌菌サプリメント 空気のデトックス モニター決定!

www.youtube.com モニタープロジェクト始動!ものすごく体調が悪い!皮膚炎がひどい!太りすぎ!そんなお悩みを「空気のデトックス」と「土壌菌サプリメント/ソイルキュア」を組み合わせて解決しようプロジェクトが、本日2019年5月15日スタートしました! …

排ガスの成分と、大気放出量

知っているようで知らない、排ガスの成分と、大気放出量。 排ガスに含まれる化学物質 平成13年度、排ガスから排出された225,000トンの内訳は下記の通りです。 ベンゼン・1,3-ブタジエン・ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベ…

1割の人がクスリの副作用を経験!

1割の人が薬の副作用を経験! 慢性腎臓病(CKD)の患者数は1300万人以上! 飲み続けないほうがよいクスリ 自分で調べてみるところから 1割の人が薬の副作用を経験! クスリには様々な副作用があります。高血圧になったり、腎臓や肝臓に炎症が引き起こされる場…

合成香料は有害物質で作られている

香料について要領よくまとめられた記事が、ハフィントンポストに掲載されていました。要約してご紹介します。 Five ‘Must-Knows’ on the Dangers of Synthetic Fragrance ~合成香料について知っておくべきこと~ 香料ってどんなもの? 合成香料の95%は、ベ…

頭痛薬の副作用

日本では3人に1人が頭痛もち 副作用を知らずに気軽に飲まれ続ける頭痛薬 頭痛薬の副作用 まずは医師に診断してもらってから 日本では3人に1人が頭痛もち 日本には4000万人の慢性頭痛患者がいます。 3人に1人の方が頭痛に苦しんでいることになります。 副作用…

家庭から排出される化学物質 トップ5

平成28年度に、家庭から排出された化学物質のトップ5は以下の通りです。毒性が高い(区分1)化学物質ばかりです。用途や毒性についても記載していますので、ぜひご覧になってみてください。1位 ポリ(オキシエチレン)=アルキルエーテル 2位 ジクロロベ…

環境中への排出量が多い、化学物質トップ5

平成28年度、PRTR制度によって算出された、事業者による環境中への排出量が多かった化学物質トップ5です。 ・トルエン・キシレン・エチルベンゼン・ポリ(オキシエチレン)= アルキルエーテル・ノルマルヘキサン 1位 トルエン【主な用途】染料、香料、火薬…