一般社団法人化学物質過敏症・対策情報センター

推定患者数1000万人。化学物質過敏症と共生できる社会は、誰もが安心して暮らせる社会。

化学物質過敏症

子どもを守る!緊急集会 資料

子どもを守る!緊急集会 と き 2022年11月21日月曜日 9:30-12:00 ところ 北谷町北前区公民館 主 催 地域でワクワクする会 ガイド一社)化学物質過敏症・対策情報センター 代表理事 上岡みやえ 子どもを守る!緊急集会 昭和時代には珍しかった、アレルギー、…

琉大ジャーナル 学生新聞が注目してくれた!化学物質過敏症

琉球大学人間社会学科(社会学専攻)マスコミ学コースが発行する学生新聞に、化学物質過敏症についての概説とともに、私へのインタビュー記事が掲載されました! 大学生が化学物質過敏症について興味をもってくれて、色々勉強してくれて、当事者に取材してく…

2022年 化学物質過敏症研究の最前線⑤ 翻訳

化学物質過敏症(MCS)の歴史と研究動向をまとめた Multiple Chemical Sensitivity 2022 という総説論文の翻訳です。2022年 化学物質過敏症研究の最前線④ の続きです。翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 目次 9. 評価手…

2022年 化学物質過敏症研究の最前線④ 翻訳

化学物質過敏症(MCS)の歴史と研究動向をまとめた Multiple Chemical Sensitivity 2022 という総説論文の翻訳です。2022年 化学物質過敏症研究の最前線③ の続きです。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 目次 8. 化学物…

2022年 化学物質過敏症研究の最前線③ 翻訳

化学物質過敏症(MCS)の歴史と研究動向をまとめた Multiple Chemical Sensitivity 2022 という総説論文の翻訳です。2022年 化学物質過敏症研究の最前線② の続きです。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 目次 7. 化学物…

2022年 化学物質過敏症研究の最前線② 翻訳

化学物質過敏症(MCS)の歴史と研究動向をまとめた Multiple Chemical Sensitivity 2022 という総説論文の翻訳です。2022年 化学物質過敏症研究の最前線① の続きです。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 目次 3.化学物…

2022年 化学物質過敏症研究の最前線① 翻訳

化学物質過敏症(MCS)の歴史と研究動向をまとめた Multiple Chemincal Sensitivity 2022 という総説論文の翻訳です。翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 目次 要約/Abstract 1. はじめに 2.化学物質過敏症(MCS)の歴史…

化学物質と病気と不妊と

化学物質とは 化学物質は、科学的には、元素や元素が結びついたものを、化学物質と呼びます。ですから、自然のものも、人間が作ったものも、全てが化学物質です。 毎日、食べている塩はナトリウムと塩素からできた化学物質です。水も化学物質です。サトウキ…

沖縄県議会 2021-9-22 化学物質過敏症

2021年9月、沖縄県議会にて、翁長雄治県議が、化学物質過敏症について代表質問してくださいました! 令和3年第8回 沖縄県議会(定例会)会議録議事日程 第4号令和3年9月22日(水曜日) 原文はこちら 沖縄県議会議員 翁長雄治氏 化学物質過敏症につい…

香害★基礎資料作成プロジェクト 化学物質・危険有害性・調査マニュアル

香害★基礎資料作成プロジェクトに賛同し、協力を申し出てくださったエンジェルの皆様、心から感謝申し上げます。以下、香料原料となっている化学物質の「危険有害性情報」の調査・報告マニュアルです。化学物質 危険有害性情報 調査・報告マニュアル 1) 欧…

化学物質過敏症 発症年齢と発症時期 ツイッターアンケート2021年

2021年11月10日から17日にかけて、化学物質過敏症を発症した年齢と時期についてツイッターアンケートを行いました。アンケートにご協力くださった皆様、ありがとうございます。 化学物質過敏症 発症年齢 アンケート時期 2021年11月10-17日回答数244 2年前に…

【化学物質過敏症】沖縄県南城市 瑞慶覧市長に情報提供させていただきました!

2021年11月14日 沖縄県南城市の 瑞慶覧長敏(ずけらん ちょうびん)市長にお目にかかれる機会をいただき、化学物質過敏症について情報提供してきました。 「化学物質過敏症、みんなの問題だね。化学物質過敏症の人を守ることは、環境を守ることにも…

化学物質過敏症が劇症化 住めない 働けない 食べられるものがない

2021年11月13・20日の2週にわたって、化学物質過敏症が劇症化して、家に住めなくなってしまっている方からのお便りをご紹介しました。 www.youtube.com 化学物質過敏症が劇症化①『明るい未来にチェンジ』2021/11/13 www.youtube.com 化学物質過敏症が劇症化②…

ツイッターアンケート 化学物質過敏症のアルコール事情

ツイッターアンケート「お酒を飲んでいますか?」わずか24時間の間に170名もの方が答えてくださいました。協力くださった皆様、ありがとうございました!アンケート結果と、頂戴したコメントについて、下記のとおり報告させていただきます。とても貴重…

2021年9月10日 糸満市議会 化学物質過敏症 一般質問

糸満市議会議員 上原勝さんとお話する機会があり、化学物質過敏症について相談差し上げたところ、早速市議会で取り上げてくださいました! 糸満市在住者ではない人からの相談でも、市民の健康にかかわる大きな問題であれば、迅速に取り組んでくださる。素晴…

カナダ労働安全衛生センター 職場の無香化にむけて(翻訳)

以下、カナダ労働安全衛生センター 職場の無香化に向けて Canadian Centre of Occupational Health and Safety, Scent-Free Policy for Workplace の翻訳です。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 職場の無香化にむけて …

明るい未来にチェンジ 化学物質過敏症 2021-5-22

FM那覇 土曜日夜10時~10時26分 <明るい未来にチェンジ> 動画リスト パーソナリティ fc Kamioka : 一社) 化学物質過敏症・対策情報センター 代表理事Gibonne : ジャズシンガー ギボタカコ 2021年5月22日は、番組に寄せられたメールをご紹介しつつ、化学…

沖縄県議会 2021-2-26 化学物質過敏症

2021年2月、沖縄県議会にて、翁長雄治県議が、化学物質過敏症について代表質問してくださいました! 令和3年第1回 沖縄県議会(定例会)会議録議事日程 第4号令和3年2月26日(金曜日) 原文はこちら ○翁長 雄治君 改めまして、ハイサイ。てぃーだネット…

化学物質過敏症の有病率 4か国共通の調査研究(翻訳) 

『化学物質過敏症の国際的な有病率、喘息および自閉症の併発率、香料製品の影響』 International prevalence of chemical sensitivity, co-prevalences with asthma and autism, and effects from fragranced consumer products 2019 の翻訳です。 翻訳文責…

那覇市議会 2020-09-10 化学物質過敏症

2020年9月、那覇市議会にて、上原快佐市議が、化学物質過敏症について一般質問してくださいました! 那覇市議会 2020-09-10令和 02年(2020年) 9月定例会−09月10日-05号 原文はこちら ◆上原快佐 議員 続きましての質問です。これも子宮頸がんワクチンと同…

化学物質過敏症 国会質問 2004-5-28

平成十六年五月二十八日提出質問第一二四号 化学物質過敏症等に関する質問主意書提出者 井上和雄 ※井上和雄氏は、衆議院議員を2期つとめた元政治家。地域政党「自由を守る会」政策担当幹事でいらっしゃいました。 化学物質過敏症等に関する質問主意書 掲題に…

化学物質過敏症と神経性炎症との関係 ③ 翻訳

神経性炎症が起きていると、化学物質にばく露したときに、化学物質過敏症を発症しやすくなるそうです。以下、The Role of Neurogenic Inflammation in Chemical Sensitivity 2017年「化学物質過敏症と神経性炎症との関係」の翻訳です。 「化学物質過敏症と神…

化学物質過敏症と神経性炎症との関係 ① 翻訳

化学物質にばく露すると神経性炎症が起こり、神経性炎症が起きていると、さらに化学物質にばく露したときに、化学物質過敏症を発症しやすくなるそうです。以下、The Role of Neurogenic Inflammation in Chemical Sensitivity 2017年「化学物質過敏症と神経…

腸内細菌 × 神経伝達物質 × 化学物質過敏症

私たちのおなかの中では、腸内細菌の働きによって、生命維持に必要なビタミン・ミネラル・アミノ酸・酵素・神経伝達物質・免疫刺激物質が作られています。神経伝達物質とは 神経伝達物質とは、標的細胞に興奮または抑制の応答反応を起させる、低分子の化学物…

SDGs 化学物質過敏症の理解者・協力者を増やすために

公害裁判 当センター宛てに「有害な化学物質や香料のマイクロカプセルの製造と販売を即刻止めるべきではないか」「裁判に訴える動きはないか?」というお問合せがありました。公害裁判では、被害者が、被害の因果関係を証明しなくてはなりません。これは、被…

おきなわSDGsパートナー 化学物質過敏症・対策情報センター

おきなわSDGsパートナー 沖縄県は、2019年(令和元年)11月に「沖縄県SDGs推進方針」を策定し、SDGsの普及啓発に取り組み始めました。その一環として、SDGsの推進や県民への普及活動に連携して取り組む61の企業・団体を、「おきなわSDGsパート…

化学物質過敏症とは アリゾナ先端医療センター2013年

以下、Arizona Center for Advanced Medicine Multiple Chemical Sensitivity (MCS) - 2013 の翻訳です。 翻訳文責:一社)化学物質過敏症・対策情報センター代表理事 上岡みやえ 化学物質過敏症(MCS) 化学物質過敏症(MCS)は気のせい? 化学物質過敏症 …

SDGsと化学物質過敏症

画像引用:国際連合広報センター SDGs(持続可能な開発目標)とは 持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現…

化学物質過敏症 発症年齢と発症時期 ツイッターアンケート

2019年11月10日から17日にかけて、化学物質過敏症を発症した年齢と時期についてツイッター上でアンケートを呼びかけました。アンケートにご協力くださった皆様、ありがとうございます。本稿では、アンケート結果を踏まえつつ、化学物質過敏症をとりまく環境…

SDGs 化学物質過敏症の救済につながるターゲット

画像引用:国際連合広報センター 国連が採択し、世界各国が取り組んでいるSDGsのターゲットのうち、化学物質過敏症の救済につながるものをご紹介します。 SDGs(持続可能な開発目標)とは 持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択さ…