一般社団法人化学物質過敏症・対策情報センター

推定患者数1000万人。化学物質過敏症と共生できる社会は、誰もが安心して暮らせる社会。

カナダの難燃剤対策

f:id:detox-advisor:20190822193224j:plain

写真:カナダ政府HP

 

カナダは、難燃剤対策を開始したようです。
以下、 カナダ政府のHP 難燃剤(Flame retardants)の翻訳です。

燃剤(Flame Retardants)

 
 
 
燃剤について
 
商品には、発火しにくく、燃え広がりにくいという性質を与えるために、多種多様なの化学物質によって合成された難燃剤が配合されています。

難燃剤を含む商品には、下記のようなものがあります。

 

 
電子機器
コンピューター
・部品

繊維製品
・テント
・布
・衣類
・寝具
・カーペット
 
ポリウレタン製品
・マットレス
・ぬいぐるみ
・枕やクッション
・布張りの椅子やソファ
 
プラスチックおよびゴム製品

また、次の場所にもあります。
次のような建設およびリフォーム製品:
・塗料やコーティング剤
・潤滑剤やグリース
・発泡性の断熱材
・発泡スチロール板
・防水シート
・接着剤、のり、シーラント

自動車や航空機などの電動輸送用部品
 
 

燃剤の安全性

「化学物質リスク評価」を用いて、様々な難燃剤の、潜在的な健康リスクと環境リスクを評価しました。多くの難燃剤は安全ではあるものの、中には健康を害するものも含まれています。

難燃剤による健康被害には、以下のようなものがありますが、配合されている化学物質によって、影響の出方は異なります。

・成長過程における影響
・次世代への影響
・がん発症リスクの増加

また、いくつかの難燃剤が、環境にリスクをもたらすこともわかりました。
 
 

行中の保護対策

カナダは、健康被害をもたらす可能性のある難燃剤を特定し、ばく露を制限するように対策しています。

TBPP: 衣料品および子供のパジャマにへの使用を禁止

TCEP: ポリウレタンフォームを原料とする子供用品は製造禁止

他の難燃剤についての「化学物質リスク評価」を進めており、カナダ人に健康被害をもたらすかどうかを判断しています。

カナダは引き続き:
・健康と環境を守るために難燃剤の調査を進めます。
・健康上のリスクをもたらす難燃剤からカナダ人を保護する計画を策定します。
・特定された健康上のリスクから身を守る方法を助言します。



燃剤へのばく露を最小限に抑える

空気、ほこり、土からの難燃剤へのばく露を最小限に抑えつつ、環境中への放出を減らすには:
・頻繁に手を洗う
・頻繁に掃除機をかけて、ホコリに吸着された難燃剤を除去する
・布張りのソファや、ウレタンフォーム製のマットレスが痛んだら、補修するかカバーを交換する
・製品に難燃剤が含まれているかどうかわからない場合は、メーカーに問い合わせる

・製品の安全な使用、保管、廃棄については、製造元の指示に従う
・地元の有害廃棄物処分場に有毒物質を持ち込む
・有害廃棄物処分場の場所がわからない場合は、自治体または廃棄物施設に確認する
 

職場で難燃剤にさらされている場合は、雇用主と労働安全衛生局(OHS)の担当者に、以下について相談してください。
・関連する法律
・安全な取り扱い方法と保管方法
・OHS法および職場有害物質情報システム(WHMIS)に基づく要件
 
 
原文はこちら