一般社団法人化学物質過敏症・対策情報センター

推定患者数1000万人。化学物質過敏症と共生できる社会は、誰もが安心して暮らせる社会。

香料の成分表示や法規制について、小金井市で採択された意見書が素晴らしい! 

小金井市 香りのマナー 3月27日、小金井市議会で、田頭祐子議員が作成された「香料の成分表示や法規制を国に求める意見書」が、全会一致で採択されたそうです!田頭議員のブログから引用 今後は学校での子どもの健康調査や、病院や保育園でのポスター掲示、…

FM沖縄 人気番組 Fine! でお話させていただいたこと

2019年3月5日、FM沖縄 朝の人気番組Fine!にて、当センターの活動や、理念についてお話させていただくことができました。テーマのひとつが「香害」。香 害 香害は、香料強化商品が人気となったころから出現しはじめた問題です。 ・ユーザー:汗臭さや…

香料の業界団体 IFRAとは

■IFRAとは IFRA(International Fragrance Association)は、1973年にジュネーブに設立された、香料業界の集団利益を追求する団体です。 世界の合成香料の9割は、IFRAの会員企業によって製造されています。 IFRAのウェブサイトによると、IFRAは、7社のグロー…

土と内臓 微生物がつくる世界

人は、微生物によって生かされているという事実が明らかになりつつあります。『土と内臓 微生物がつくる世界』 土と内臓 posted with ヨメレバ デイビッド・モントゴメリー/アン・ビクレー 築地書館 2016年11月14日 楽天ブックス 7net P197 免疫系は微生物…

排ガスの成分と、大気放出量

知っているようで知らない、排ガスの成分と、大気放出量。 排ガスに含まれる化学物質 平成13年度、排ガスから排出された225,000トンの内訳は下記の通りです。 ベンゼン・1,3-ブタジエン・ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベ…

土壌菌(SBO)への愛が芽生えるお話① 津波による塩害を克服

<ソイルキュア>のもとになっている土壌菌には、津波による塩害を克服し、豊かな実りをもたらしていくパワーがあります。 津波被害後の耕作地の様子 2011年 土中の塩分濃度が高くなると ヘドロは除去できても塩分が残っている畑 土壌菌のおかげで塩に弱い大…

大好評! 腸内細菌のお話 佐々木淳氏講演会

講演会の模様。ご来場者のなかに地元で大人気のサロンオーナーや腸活スペシャリストが多くてビックリ! 腸内細菌のお話 佐々木淳氏講演会2019年1月18日、腸内細菌研究のトップランナー、佐々木淳さんの講演会を開催いたしました。佐々木淳さんの腸内細菌研究…