一般社団法人化学物質過敏症・対策情報センター

推定患者数1000万人。化学物質過敏症と共生できる社会は、誰もが安心して暮らせる社会。

腸内細菌 炎症性腸疾患 プロバイオティクス・サプリメント

f:id:detox-advisor:20200125120132j:plain

Probiotics and inflammatory bowel disease (IBD) - Crohn's disease and ulcerative colitis の翻訳です。

 

ロバイオティクスと炎症性腸疾患(IBD)-クローン病と潰瘍性大腸炎

研究者や医師たちの間で、ヒトの腸内細菌が話題になっています。バランスの取れた腸内微生物叢/腸内細菌と健康との関係が解明され始めているからです。特に注目されているのは、炎症性腸疾患(IBD)と腸内細菌の関係です。

炎症性腸疾患(IBD)に悩む人々を対象として、不足している可能性のある腸内細菌を定着させるべく、食べ物や数十種類のプロバイオティクス・サプリメントを摂取する試みがなされています。

そこで、炎症性腸疾患(IBD)およびプロバイオティクス・サプリメントの最前線を取材しました。

 


ロバイオティクスとは

プロバイオティクス・サプリメントは、腸内に生息している「腸内微生物」を含む栄養補助食品です。現在、炎症性腸疾患(IBD)の患者だけでなく、非常に多くの人たちの腸内環境が悪くなっていると考えられています。その理由は以下の通りです。

・抗生物質や薬物の過剰使用
・ストレス
・ダイエット
・病気と慢性疾患

プロバイオティクスは、不足している腸内細菌を補給するために、食べ物、飲み物、カプセルなどで摂取できるように設計されています。

ほとんどの人はプロバイオティクス・サプリメントや発酵食品を購入しますが、食品を発酵させてプロバイオティクスを自作する人もいます。

プロバイオティクス製品を購入する際には、すべてのプロバイオティクスが同じというわけではないことを理解しておくべきです。プロバイオティクス製品のすべてが同じ菌株のバクテリアを含んでいるわけではなく、製造方法も、服用方法も異なります。

ヒトの体内に、どれほどの菌株が棲みついているのかは、まだ正確には分かっていないものの、兆単位の数になるのは確かです。プロバイオティクス・サプリメントや発酵食品は、ヒトに有益であると信じられている1つまたは少数の株だけを提供する傾向があります。

プロバイオティクス・サプリメントを製造する場合、製造業者は製品に必要な細菌の株を成長させる必要があります(または、これを行う別の製造業者からそれらを購入します)。これは非常に複雑なプロセスです。増殖した細菌は、プロバイオティクス用に準備する必要があります。

一般に、カプセルプロバイオティクス内の細菌は凍結乾燥され、カプセル化できる粉末が残ります。この過程において、繊細なバクテリアが損傷しないよう配慮しなくてはなりません。カプセル化された細菌が生き残り、消化器系の過酷な環境を生き延びて小腸に入るようにする必要もあります。プロバイオティクス企業は、多くの場合、バクテリアを消化酵素と可溶性繊維と混合することにより、これを実現させています。

液体プロバイオティクスの場合、培養された細菌はカプセル化されるのではなく、液体(通常は水または乳製品)に追加されます。

 

 

瘍性大腸炎とクローン病に有効か?
研究者は、腸内微生物叢のバランスが崩れることによって、病気や精神疾患を引き起こされていると考え始めています。

腸内環境が悪化すると、炎症性腸疾患(IBD)が引き起こされることを示唆する証拠が増えています。していることを示唆する証拠が増えています。炎症性腸疾患(IBD)の患者の一部は、プロバイオティクス・サプリメントを摂取すると、症状が緩和されると報告しています。

ただし、炎症性腸疾患(IBD)の患者に対するプロバイオティクス・サプリメントの有効性に関する研究は限られています。特定の細菌株と炎症性腸疾患(IBD)との関連性に関する研究や、炎症性腸疾患(IBD)の患者にプロバイオティクス製・サプリメントを投与した研究は、数えるほどしかありません。

以下は、その一部です。

VSL#3と嚢炎の研究では、「高用量のプロバイオティクスVSL#3が軽度の嚢炎の治療に効果的である」と結論付けられました。

VSL#3と潰瘍性大腸炎の研究では、「軽度から中程度のUC'4を有する患者の臨床反応と寛解の達成にVSL#3が有効であること」が実証されました。

クローン病と潰瘍性大腸炎に関するいくつかの研究も行われています。

潰瘍性大腸炎の研究では、研究に参加した潰瘍性大腸炎患者の76%が、カルプロテクチン5の糞便レベルの有意な低下を示したことがわかりました。

Saccharomyces boulardiiとクローン病の研究では、「Saccharomyces boulardiiがクローン病の維持治療における有用なツールとなる可能性がある」と報告されています。

Saccharomyces boulardiiと潰瘍性大腸炎の研究では、「予備的研究では、Saccharomyces boulardiiが潰瘍性大腸炎の治療に効果的であることが示唆された」そうです。

OpticBac Probioticsには、Saccharomyces boulardiiのみを含む製品があります。


症性腸疾患(IBD)を治癒させられるか
残念ながら、現段階では、炎症性腸疾患(IBD)の治療法はありませんが、プロバイオティクス・サプリメントの中には炎症性腸疾患(IBD)症状を緩和するものがあることがわかっています。

プロバイオティクス・サプリメントを試したい場合には、医師と相談のうえ、受けている治療に併用させることをお勧めします。

プロバイオティクス・サプリメントの服用によって症状が改善した人たちは、鼓腸、下痢、疲労、皮膚症状(湿疹など)、便秘などの症状が軽くなったと言っています。プロバイオティクス・サプリメントが、過敏性腸症候群(IBS)の症状を緩和させることが、認識され始めています。炎症性腸疾患(IBD)に悩む患者の多くは、過敏性腸症候群(IBS)にも苦しめられています。

プロバイオティクス・サプリメント服用の成功率は人によって異なり、ある人に好結果をもたらしたとしても、他の人には同じような結果をもたらさない場合があります。


炎症性腸疾患(IBD)を患っているかどうかに関係なく、プロバイオティクス・サプリメントを服用し始めた頃は、膨満感や腹痛を感じたり、少しの間下痢をする人が多いのです。

これは、腸内細菌の変化に対する反応かもしれません。これを防ぐために、一部のプロバイオティクス企業は、少量の服用から始めて、体調を整えながら、規定量まで増やしていくことを推奨しています。これらの症状が続く場合や、気になることがある場合には、プロバイオティクス・サプリメントの服用を中止して、医師に相談してください。

 


ロバイオティクスの選び方
自分で発酵食品を作ることも、市販のプロバイオティクスを購入することも可能ですが、すべてに有効なプロバイオティクスはありません。プロバイオティクスが好結果をもたらすかには個人差があります。

自分で発酵食品を作るのは安上がりですが、品質を確認することはできません。

市販のプロバイオティクス・サプリメントは、製品ごとに品質が異なります。一部のブランドでは、炎症性腸疾患(IBD)に関連する臨床研究が報告されています。

プロバイオティクス・サプリメントは高価になりやすいため、購入前に、製品の特長と臨床研究を見極めることをお勧めします。クローン病や潰瘍性大腸炎を患っている人たちの、プロバイオティクス・サプリメント服用体験を知るのもよいでしょう。

プロバイオティクス・サプリメントの効果の出方には個人差があるので、ある製品に効果がなかったとしても、他の製品すべてに効果がないことにはなりません。

試行錯誤しながら、自分にとって有益であるかを確認していくべきです。