一般社団法人化学物質過敏症・対策情報センター

推定患者数1000万人。化学物質過敏症と共生できる社会は、誰もが安心して暮らせる社会。

環境中への排出量が多い、化学物質トップ5

平成28年度、PRTR制度によって算出された、事業者による環境中への排出量が多かった化学物質トップ5です。

・トルエン
・キシレン
・エチルベンゼン
・ポリ(オキシエチレン)= アルキルエーテル
・ノルマルーヘキサン

 


1位 トルエン

【主な用途】
多種多様な化学物質を合成する原料、油性塗料や印刷インキ、油性接着剤などの溶剤、ガソリンの成分(排ガスに含まれる)

【有害性】
・トルエンを長期間にわたって体内に取り込んだ結果、 視野狭さく、眼のふるえ、運動障害、記憶障害などの神経系の障害のほか、腎臓、肝臓や血液への障害が報告されています。

・トルエンはシックハウス症候群 との関連性が疑われていることから、室内空気濃度の 指針値が定められています。

・水道水質管理目標 値や水質要監視項目の指針値が定められています。現時点では環境中の水生生物へ悪影響を及ぼすことは ないと判断されています。

f:id:detox-advisor:20181129163907j:plain



2位 キシレン

【主な用途】
化学物質の合成原料、油 性塗料や接着剤、印刷インキ、シンナー、農薬の 溶剤、灯油や軽油、ガソリンの成分

【有害性】
・高濃度のキシレンは、眼やのどなどに対する刺激性 や、中枢神経へ影響を与えることが報告されています。

・シックハウス症候群との関連が疑われていることから、室内空気濃度の指針値が定められています。

・水質要監視項目の指針値が定められています。現時点では環境中の水生生物へ悪影響を及ぼすことは ないと判断されています。

f:id:detox-advisor:20181129164547j:plain

 


3位 エチルベンゼン

【主な用途】
スチレンの原料、油性塗 料や接着剤、インキの溶 剤、混合キシレンの成分

【有害性】
・エチルベンゼンは、シックハウス症候群との関連性が疑われていることから、室内空気濃度の指針値が定め られています。

・現時点では環境中の水生生物へ悪影響 を及ぼすことはないと判断されています。

f:id:detox-advisor:20181128131934j:plain



4位 ポリ(オキシエチレン)= アルキルエーテル
   (アルキル基の炭素数が12から15までのもの及びそ の混合物に限る)

【主な用途】
台所用洗剤、洗濯用洗剤、工業用洗剤、化粧品 のクリームやローションの乳化剤、農薬の補助剤、医薬品の乳化剤や分散剤

【有害性】
・人の皮膚に対して刺激性はないか、あってもごく弱い 一時的な刺激性がありますが、湿疹患者に対しては皮膚への感作性を示す可能性があります。

・現時点では、 食物や飲み物を通じて口から取り込んだ場合につい て、人の健康に悪影響を及ぼすことはないと考えられていますが、皮膚からの経路については、情報の収集が必要であるとされています。

f:id:detox-advisor:20181129202903j:plain


5位 ノルマル−ヘキサン

【主な用途】
高密度ポリエチレンや ポリプロピレンの重合溶剤、接着剤、塗料やインキなどの溶剤、ガソリンの成分

【有害性】
・雌のラットにノルマル−ヘキサンを含む空気を一定期間吸入させた実験では、胎児の体重低下が認められました。

・作業環境における疫学調査では、一定期間空気中から吸入した結果、頭痛、四肢知覚異常、筋力低下などが報告されています。

 

 

出典:環境省PRTRデータを読み解くための 市民ガイドブック 〜平成28年度集計結果から〜 P24