一般社団法人化学物質過敏症・対策情報センター

推定患者数1000万人。化学物質過敏症と共生できる社会は、誰もが安心して暮らせる社会。

ソイルキュア服用から12週間 30年来の変色爪が治ってきた!

イルキュア開始から5週間

2019年6月24日。モニター様が、ソイルキュアの内服と外用(水と混ぜてパッティング)を始めてから5週間がたちました。

・20年間、右くるぶしを覆っていた黒い角質がとれて、ピンク色のキレイな皮膚が再生中

・足の甲の皮膚炎から、魚のウロコのようなものが出現

・右足の親指爪は濃緑色、左足の親指爪は黄色っぽくて分厚い

f:id:detox-advisor:20190812011100j:plain



イルキュア開始から12週間

 

2019年8月7日。ソイルキュアの内服と外用を開始して12週間がたちました。

・右くるぶしの皮膚はキレイな皮膚が再生中

・足の甲に出現していた「ウロコ」がとれて、皮膚の色が落ち着いてきた

・左足の黄色っぽく分厚い爪、右足の濃緑色の爪、それぞれにキレイな色の爪が2-3ミリ生えてきた

f:id:detox-advisor:20190812002059j:plain

 

色っぽく分厚くなった爪:白癬菌


白癬菌という「カビ」の一種による皮膚の感染症が足に生じたものを「足白癬」、爪に入り込んだものを「爪白癬」と言います。

足白癬のほとんどは「足の裏ががさがさしている」「踵の皮が厚い」「よく皮がむける」といった何も感じない状態で進行していき、水ぶくれやただれを起こすようになると、激しい痒みや痛みを生じます。

通常の足白癬などは塗り薬を数ヶ月行うと完治しますが、爪白癬にまで進行してしまうと、塗り薬だけでは治りにくくなり、治療期間も長引きます。

 



色の爪:緑膿菌

爪甲が緑色に染まるのは、細菌の一種、緑膿菌の感染によるものです。

標準治療は、緑膿菌に感受性のある外用薬を塗布することです。

 


イルキュアだけで感染症が回復中!


モニター様の足親指の爪は、30年近く変色したままだったそうです。

白癬菌や緑膿菌に感染していたようです。

白癬菌や緑膿菌に感染していた場合の、一般的な治療方法は、抗菌薬や抗真菌薬を塗るか飲むかのどちらかです。

ところが、ソイルキュアを飲み、ソイルキュアを混ぜた水に足を浸していただけで、キレイな色の爪が、生えてきたのです。

ソイルキュア=土壌菌(SBO)=自然の力


自然の力って、すごい!

 

 

 

SOILcure ソイルキュア のお求め

送料無料でお届けしています。

粉タイプ15g 3-4ヶ月分   8,640円(税込)

サンプル/カプセル7粒 1,620円(税込)


お求め・お問合せはこちらから

 

f:id:detox-advisor:20200711122538j:plain

 

 

ソイルキュア くわしくはこちらから

www.mcs-information.online

 

 

【参考資料】

爪の病気 Q16 - 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

国立病院機構 「爪水虫(爪白癬)」について