一般社団法人化学物質過敏症・対策情報センター

推定患者数1000万人。化学物質過敏症と共生できる社会は、誰もが安心して暮らせる社会。

中学校でお話させていただきました

f:id:detox-advisor:20191024164315j:plain

  意見交換タイム:制服に柔軟剤原液をスプレーする中学生文化について驚愕中 

 

小冊子『空気のデトックス』がご縁となって、化学物質過敏症という疾病や、空気をデトックスする方法について、中学校PTA主催のワークショップにてお話させていただくことができました。

 

もそも化学物質って?

f:id:detox-advisor:20191024190447j:plain

化学物質は、建材・家具・家電・自動車・洋服・医薬品・洗剤や化粧品など、ありとあらゆるものに配合されています。

米国化学会に登録されている化学物質の総数は、2019年5月に1億5000万種類を突破しました。一般に流通している化学物質は5-10万種類といわれていますが、その実態を把握している国も国際機関も存在しません。



境省が調査している433物質

1億5000万種類以上の化学物質が存在するなかで、環境省は、流通量の多い433物質について、環境中への放出量を調査しています。

排出量が多い物質は、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、ポリオキシエチエレンアルキルエーテル、ノルマルヘキサンです。

 

f:id:detox-advisor:20191024190254j:plain

 

排出量トップのトルエンには、接着剤・塗料・インキ・溶剤・排ガス・染料・香料・甘味料・医薬品など多彩な用途がありますが、下記のような毒性があります。

 

f:id:detox-advisor:20191024204708j:plain

キシレン、エチルベンゼン、ノルマルヘキサン、ホルムアルデヒドの具体的毒性や、環境中に存在する化学物質によって、脳機能が低下するという研究報告をご紹介いたしました。

 
けられるものは避ける

f:id:detox-advisor:20191025164339j:plain

化学物質由来の健康被害をこうむるリスクを下げるには、出来る限り「避ける」ことが鉄則となります。

『空気のデトックス』をベースに、家の中を安心して過ごせる場所にすること、そして人生の1/3を過ごす「寝室」「布団」を安全に保つコツをお話させていただきました。


f:id:detox-advisor:20190618153521p:plain

 

  

水がわりに柔軟剤原液をスプレー

意見交換タイムでは、参加くださった保護者の方たちから、今どきの中学生事情を教えていただきました。


・自宅にいるのに、ひっきりなしに「汗ふきシート」を使う

・体育会系の部室には制汗スプレーが常備してあって、我先にと使う

・柔軟剤のメーカーと香りを指定して「買っておいて」という

・香らない洗濯をすると「汗臭いのがバレる」と怒る

  

ローティーンの間には、「汗臭さ」を極端に嫌う/恥ずかしがる風潮があり、香料成分が強化された柔軟剤は、香水の代用品として重宝されているようなのです。

 

驚かされたのは、柔軟剤の「原液」をスプレーボトルに入れて、制服にシュッシュするのが流行っていることです。

もっとも避けてほしいものが、中学生の必需品となっている現実。


子どもの健康を守るためには、中学生のリアルにも寄り添っていかねばならないようです。

厳しいです。