一般社団法人化学物質過敏症・対策情報センター

推定患者数1000万人。化学物質過敏症と共生できる社会は、誰もが安心して暮らせる社会。

FM沖縄 人気番組 Fine! でお話させていただいたこと

f:id:detox-advisor:20190316123159j:plain

 

2019年3月5日、FM沖縄 朝の人気番組Fine!にて、当センターの活動や、理念についてお話させていただくことができました。

テーマのひとつが「香害」。

 害

香害は、香料強化商品が人気となったころから出現しはじめた問題です。

・ユーザー:汗臭さや加齢臭で迷惑かけたくない!

・メーカー:香りを強くしてほしい、増やしてほしいという声にこたえたい!

・化学物質過敏症:体調不良になる!外出できない!家にいても休めない!

 

しさの交通整理

「香りが苦手」というよりは「香りによって具合いが悪くなる」人が急増している状態、なんとかしていかなくては!

香害という困った事態は、もともとは「汗臭さや加齢臭で迷惑かけたくない」という優しさから始まっています。

今は、その優しさを、化学物質に過敏な人、赤ちゃんや子どもなど、弱い人に振り向けてみるときだと感じます。

化学物質過敏症・対策情報センターは、皆さんの「優しさ」が弱い人に向かうようなお手伝い、「優しさの交通整理」をしたいと思っています。


り成分の危険性

香料成分は非開示になっているため中身が「わからない」状態ですが、海外の研究データをもとにすると、香り成分には毒性や有害性がハッキリしているものも多いようです。

弱い人にあわせて、香料強化商品を控えていくと、ご自分の健康や美容にもプラス効果がありそうです。


ーソナリティの松田礼那さんと大城勝太さん

コーナー終了後、大城勝太さんが香水について考えてくださったり、礼那さんが「誰でも発症しうる」という最重要ポイントを指摘してくださったり・・・

お2人の聡明さと優しさが心にしみました。

お2人のように、化学物質過敏症を理解してくださる方を、増やしていきたいですね!